江戸時代はファンタジー、そしてRock'n' Roll Will Never Die!
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2011.02.17 Thursday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | - | - |
煎酒、堪能です!
JUGEMテーマ:江戸時代
江戸の調味料煎酒をようやく買いました。

煎酒です。

江戸時代、醤油が広まる前の調味料と言われています。 醤油は当初、酒同様、上方からの下り物が主流で、濃口醤油が登場するのは17世紀に入ってからと言われているのですが、元禄時代に書かれた本朝食鑑には各家で作られていたと書かれていますから、本当のところ“濃口醤油が商品として流通する以前の”ということかもしれません。

こんな色をしています。



穏やかな味で美味しいです。
【2010.11.25 Thursday 18:11】 author : EDO JOE
| Edo Fantasy! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
日比谷御門から江戸城お堀
JUGEMテーマ:江戸時代
日比谷御門は現在の日比谷公園の北東の角です。
内堀通りを渡ったところからの撮影です。
日比谷御門から内堀今昔 現在右手には帝劇、国際ビル、東京會舘と並びますが、ここはまだ御門の中なので江戸時代には広大な大名屋敷が並んでいました。 当時は内堀通りを塞ぐように御門がたっていました。ここから南の日比谷通りはまだありません。 大番所があり、その南は大名家の添屋敷その西側に堀があり石垣を隔てて外堀です。 現在は心字池としてその名残があります。 どうでしょう?トリミングするとなんとなくお堀に見えませんか。
石垣にこんなものを見つけました。 普請を命じられた大名家の紋でしょうか?どこの家の紋でしょうか? ご存じの方がいらしたら教えてください。
【2010.11.06 Saturday 20:29】 author : EDO JOE
| Edo Fantasy! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
名奉行大岡越前
「名奉行大岡越前」の再放送が始まりました。 大岡越前はなんども舞台化、映像化されてますが、この「大岡越前」、実は一番好きです。 このシリーズの大きな特徴は与力との間で確執があるところですね。 いわゆる町方、つまり町奉行所の与力と同心というのはほとんど他の部署との横断人事がありません。 従って、非常に閉鎖された職場で、「上が変わろうが知った事か」みたいなところがあったと言われてます。 その辺りを前提に話が進むところがいいですね。 時代考証を取り入れたからこそ、できたドラマです。 もちろん、無茶なところはたくさんありますが、それは現代劇でも一緒なので、、 でも、って事はですよ、100年後「相棒」を見て、あれが21世紀の警察だと思う人が出てくるってことですか? うーん、某は大好きなドラマですが、、ドラマの功罪ってありますねえ。
【2010.10.12 Tuesday 17:51】 author : EDO JOE
| Edo Fiction! | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |